映画『透明人間』

見えるのは、殺意だけ。

Introdution

心神喪失の2時間!『ゲット・アウト』、『アス』のジェイソン・ブラム『ソウ』の脚本家リー・ワネルすべての「透明人間」を凌駕する、狂気のサイコ・サスペンス。

 「見えるのは、殺意だけ」。 ゴールデン・グローブ賞主演女優賞・エミー賞主演女優賞に輝くエリザベス・モス(『アス』(19)、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」)を主演に据えた『透明人間』は、ユニバーサル映画のクラッシック・キャラクターにインスパイアを受けながらも、これまでのイメージを大きく覆し、女性目線で描かれる現代にこそ相応しい、狂気と強迫観念に満ちたサイコ・サスペンスに仕上がっている。『透明人間』の製作は、今やハリウッド・ホラーを牽引するブラムハウス・プロダクションズの敏腕プロデューサー ジェイソン・ブラムと、『ソウ』(04)で脚本を務めて以降、そのシリーズ製作に関わるオリジナルメンバーであり、近年は『アップグレード』(18)や『インシディアス 序章』(15)の監督として知られるリー・ワネルが監督・脚本・製作総指揮を務める。彼らの豊かな創造性と最先端の技術によって、「透明人間」がスタイリッシュな作品として2020年に蘇る。

STORY

STORY

窒息必至。見えない恐怖に、心神喪失してはならない!

 富豪で天才科学者エイドリアンの束縛された関係から逃げることの出来ないセシリアは、ある真夜中、計画的に彼の豪邸から脱出を図る。失意のエイドリアンは手首を切って自殺をし、莫大な財産の一部を彼女に残した。セシリアは彼の死を疑っていた。偶然とは思えない不可解な出来事が重なり、それはやがて、彼女の命の危険を伴う脅威となって迫る。セシリアは「見えない何か」に襲われていること証明しようとするが、徐々に正気を失っていく。

Cast

エリザベス・モス

 待機作に、タイカ・ワイティティ監督、マイケル・ファスベンダー、アーミー・ハマー共演『Next Goal Wins』、ウェス・アンダーソン監督、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン他豪華キャスト共演の『The French Dispatch』(20)。近作に、製作と主演を務めた『Shirley』(20/ジョセフィン・デッカー監督、マイケル・スタールバーグ共演)、ジョーダン・ピール監督作品『アス』(19)、テレビの代表作に、間もなくシーズン4の制作が始まるマーガレット・アトウッド原作のHuluドラマシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」があり、エミー賞作品賞に輝いた同シリーズの演技で、モスはエミー賞及びゴールデン・グローブの主演女優賞を受賞、製作総指揮として同2賞の作品賞も獲得した。
 また、ピュリツァー賞とトニー賞を受賞したウェンディ・ワッサースタインの戯曲のブロードウェー・リバイバル作品「The Heidi Chronicles」で主役を務め、トニー賞、ドラマ・リーグ賞、アウター・クリティクス・サークル賞にノミネートされた。

オリヴァー・ジャクソン=コーエン

 出演作に、ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス共演『推理作家ポー 最期の5日間』(12)、アンナ・ファリス、クリス・エヴァンス共演『運命の元カレ』(11・未)、ドウェイン・ジョンソン、ビリー・ボブ・ソーントン共演『ファースター 怒りの銃弾』(10)、ドリュー・バリモア、ジャスティン・ロング共演『遠距離恋愛 彼女の決断』(10)などがある。
 テレビドラマの待機作に、Netflixの人気シリーズ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」のシーズン2にあたる「The Haunting of Bly Manor」。かつて住んでいた家で起こった恐ろしい事件に今も取りつかれている家族の物語で、今年秋に放送予定のシーズン2の内容はベールに包まれている。

Staff

リー・ワネル(監督/脚本/スクリーン・ストーリー/製作総指揮)

リー・ワネル(監督/脚本/スクリーン・ストーリー/製作総指揮)

 オーストラリア、メルボルン出身。名門ロイヤルメルボルン工科大学在学中に出会ったジェームズ・ワンと共同で映画の企画開発を始め、2004年公開の『ソウ』で脚本と主演を担当。続編『ソウ2』では脚本を、『ソウ3』では脚本と出演を担当し、『ソウ2』以降の全作で製作総指揮を務めた。また、同シリーズのビデオゲームでもクリエイティブ・コンサルタントとして制作に関わっている。2010年、『ソウ』シリーズは最も成功したホラー映画シリーズとしてギネス世界記録に認定された。シリーズ最新作はクリス・ロック主演で2020年5月15日に全米公開予定。脚本家及び俳優として活躍を続けたのち、自身が製作を務める人気ホラーシリーズ『インシディアス 序章』(15)で監督デビュー、バラエティ誌の「注目の監督10人」に選出された。
 その後、監督と脚本を担当したブラムハウス/ゴールポスト・ピクチャーズ製作のSFスリラー『アップグレード』(18)は全米公開された。その他、脚本を手掛けた映画に、ユニバーサル・ピクチャーズ配給『デッド・サイレンス』(07)、2011年に最も利益を生んだ映画となった『インシディアス』(10)と続編『インシディアス 第2章』(13)。前2作と同様、第3作『インシディアス 序章』でもスペックス役で出演、さらに監督も務めている。フォーカス・フィーチャーズ/グラマシー・ピクチャーズ配給の同作は世界興収1億1200万ドル以上を記録した。シリーズ最新作『インシディアス 最後の鍵』(18)では脚本、出演の他、製作総指揮も担当している。
 2014年のオーストラリア映画『ブレイキング・ゴッド』(14・未)及びホラー・コメディー『ゾンビスクール!』(14)では製作総指揮、共同脚本、出演を担当。イライジャ・ウッド、レイン・ウィルソン主演、イアン・ブレナン(「Glee」シリーズ)共同脚本の『ゾンビスクール!』は2014年のサンダンス映画祭ミッドナイト部門でプレミア上映され、翌2015年9月にライオンズゲート配給で全米公開された。
 その他、出演作には、『マトリックス リローデッド』(03)、『狼の死刑宣告』(07)、声優を務めたアニメ映画『ガフールの伝説』(10)など。2018年にオーバールック映画祭でビジョナリー賞を、2004年にグレッグ・テッパー賞を受賞している。

ジェイソン・ブラム(製作)

 ブラムハウス・プロダクションズの創設者で、これまでアカデミー賞®に3度ノミネートされ、プライムタイム・エミー賞とピーボディ賞を2度受賞したプロデューサーである。ブラムハウス・プロダクションズは質の高い作品を低予算で製作するという新しいビジネスモデルを構築した先駆者的な存在として知られている。現在のホラー映画界を牽引する同社の待機作に、ジェフ・ワドロウ監督作品『Fantasy Island』(20)、シャナ・フェステ監督作品『Run Sweetheart Run』(20)がある。同社が製作した主な映画作品に、M・ナイト・シャマラン監督作品『ミスター・ガラス』(18)及び『スプリット』(17)、ジョーダン・ピール監督作品『ゲット・アウト』(17)、『ハッピー・デス・デイ』(17)、『ハロウィン』(18)、『ブラック・クランズマン』(18)、『ザ・ギフト』(15)、『アンフレンデッド』(15)、『ヴィジット』(15)、大きな利益を生んだホラー映画シリーズ『パージ』、『インシディアス』、『フッテージ』及び『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなど。
 2017年にマーシー・ワイズマンとジェレミー・ゴールドが代表を務める独立系テレビスタジオ、ブラムハウス・テレビジョンを設立、11のシリーズ作品を手掛けて1億ドル以上の年間収益を上げた。同スタジオは現在「KIZU -傷-」、「The Loudest Voice in the Room」、「Sacred Lies」、「パージ」テレビ版など、10以上のプロジェクトを抱えている。また、業界初の試みである毎月1話ずつ配信のホラーシリーズ「Into the Dark」を制作中、無名のフィルムメーカーが製作した8本の映画をストリーミング配信する契約も結んだ。「KIZU -傷-」でゴールデン・グローブ及び批評家協会テレビ賞を、「ノーマル・ハート」と「The Jinx」でエミー賞を受賞。2016年にはシネマコンのプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞、2017年にはタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。