MENU
解約OK無料お試しで600円分pt
解約OK無料お試しで3,000円分pt
クランクインビデオ映画無料
最終34巻発売!!『進撃の巨人』独占配信 詳しくは

【図解あり】8つのタイプ別おすすめ&人気の動画配信サービスを徹底解説

おうち時間を楽しく過ごす手段として注目の動画配信サービス(VOD)。

『Netflix』や『Amazonプライムビデオ』などが広く知られており、最近ではサブスクサービスの代表例として動画配信サービスとしてが定着しています。

特徴はさまざまですので、

  • ランニングコストで選ぶ
  • 家族みんなで使えるものを選ぶ
  • 電子コミック対応のモノを選ぶ

など、自分に合ったサービスを見つける際の参考にお役立てください。

本記事では、あらゆる視点からおすすめの動画配信サービスを解説、各サービスの比較も交えながら解説していきます。

本記事の対象動画配信サービスの一覧
  • U-NEXT
  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ
  • DAZN
  • Hulu
  • dTV
  • dアニメストア
  • ディズニープラス
  • NHKオンデマンド
  • TELASA
  • Paravi
  • ABEMAプレミアム
  • FODプレミアム
  • TSUTAYA TV/DISCAS
  • アニメ放題
  • Jスポーツ
  • スカパー!
  • WOWOW
タップできる目次

みんな使ってる人気の動画配信サービスは?

動画配信サービスシェア

人気の動画配信サービスについて、2021年2月に発表された調査結果によるとNetflix』が2年連続1位。オリジナル作品が充実、ヒット作も多数輩出していることから他の動画サービスと比べてシェアを大きく伸ばしています。

2位『Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員向けの見放題/レンタル配信サービスで、こちらもシェアを伸長。

3位『U-NEXTは、上位2つとは異なる国内発の動画配信サービスとして、シェアを拡大しています。背景には、2020年早々から音楽ライブ配信に進出、アニメや映画の見放題作品の配信数がナンバーワン、などが要因として考えられます。

一方で、4位『DAZNは各プロスポーツが延期などになった影響でシェア減。元来、オフシーズンに利用者が減る傾向にありますが、近年はオフシーズンも楽しめる特別番組が魅力的です。

DAZN「やべっちスタジアム」「野球トレンド研究所」など

スポーツ中継のライブ配信の環境は整備され、ネット配信ならではの「リアルタイムの試合スタッツ」などデータを活用した中継「人気選手専用カメラ」などマルチアングル配信、などの機能面の充実にも注目です。

最近は?

また、動画配信市場全体では市場規模は拡大しており、動画サブスクを複数利用する傾向も出てきているようです。

ほとんどのサービスが無料期間だけの利用でOKの無料トライアルを実施しているので、みんなが使っているサービスをまずはお試ししてみるのがおすすめ。

お試しだけなら損はしませんので、無料期間に使い勝手や作品ラインナップなど、自分に合うのはどれか探してみましょう。

動画配信サービスを選ぶときのポイントは?

おすすめの動画配信サービスの選び方
▲動画配信サービスを選ぶときのポイントは?

各動画配信サービスの特徴や料金、取り扱いコンテンツなどは様々です。

基本的には見たい作品を配信しているかの「動画ジャンル」、基本月額がいくらなのか/追加料金がかかるのかの「コスト」を重視する人が多いでしょう。

また、作品によっては複数のサービスでネット配信されることもあるため、動画以外の「付帯サービス」も要チェックです。

中には100誌以上の雑誌読み放題つきも

動画配信サービスの月額は、おおむね500円~2,000円程度。

DAZN』、『dアニメストア』などは、アニメやスポーツなどのジャンル特化

『Amazonプライムビデオ』、『U-NEXT』、『TSUTAYA TV/DISCAS』などは、最新レンタル映画のレンタル配信対応

『U-NEXT』、『FODプレミアム』などは電子コミックや雑誌読み放題が付帯。

また、ファミリー/パートナーとの共同利用を前提とした、同時視聴などの「機能面」にも注目するとよいでしょう。

動画配信サービスの選ぶときのポイント
  • 無料お試しの有無
  • 月額料金
  • 毎月のポイント付与
  • 見放題動画数
  • 動画ジャンル
    • 映画ネット配信、レンタル配信、音楽ライブ、スポーツ、etc.
  • 付帯サービス
    • 電子コミック、雑誌読み放題、etc.
  • 機能
    • ダウンロード、同時視聴、早見再生、etc.

総合的におすすめな動画配信サービスはU-NEXT

おすすめ動画配信サービスはU-NEXT
▲おすすめ動画配信サービスはU-NEXT

20社以上の動画サービスを利用した筆者のおすすめは『U-NEXT』です。

高くない?

月額は2,189円で動画サービスの中でも高い部類に入りますが、コスト面では、

  • 毎月1,200円分のポイント付与
  • レンタル/購入額の40%ポイント還元
  • 見放題動画数ナンバーワンの21万本以上
  • ファミリーアカウントで家族みんなで使える

じゅうぶん元が取れている、というのが正直な感想です。

動画サービス以外でも魅力的なのは、

  • 電子コミック対応
  • 110誌以上の雑誌読み放題つき

で、動画はもちろん、電子コミックも雑誌読み放題も1つのアプリで使えるのが特徴のひとつ。

デメリットも解消!

今までのデメリットは、「オリジナル作品のラインナップが少ない」こと。

レンタルビデオ店に代わるポジションで、『Netflix』や『Amazonプライムビデオ』に後れを取っていました。

しかし、この点についても、2021年にHBO社と提携したことでHBO作品の日本独占配信がスタートし、グローバル視点で高品質のドラマやドキュメンタリー作品が楽しめるようになりました。

まさに、死角なし、といった印象です。

U-NEXTでHBOmax作品
▲HBO作品を日本独占配信

『U-NEXT』を利用してから筆者は、

  • レンタルビデオ/DVDを利用する必要がなくなる
  • 雑誌を買う必要がなくなる
  • ポイント還元で電子コミックがお得
  • 電子コミックをU-NEXTアプリに集約
  • 1契約で家族で動画レンタル/電子コミックを共有

と、時間もお金も効率的に使えるようになりました。

無料トライアルがあることから、リアルの知人にもおすすめしています。

利用したことがない人はぜひお試しください。

\ 31日無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

PART1:月額・コストで選んだおすすめの動画配信サービス

月額コストポイントおすすめの動画配信サービス
▲コスパがいいおすすめの動画配信サービスは?

「無料お試し期間」や「月額」、「毎月のポイント」など、ランニングコストの視点でそれぞれおすすめの動画配信サービスを解説します。

①無料お試し期間が長いのはU-NEXT

無料トライアル期間
U-NEXT
31日間
dTV
31日間
DAZN
1か月
WOWOW
1か月
music.jp
30日間
Hulu
14日間
Paravi
14日間
ABEMA
14日間
TELASA
15日間
Netflix
なし

『Netflix』以外のほとんどの月額制動画配信サービスでは、無料トライアルを実施しています。

無料お試しの条件として、

  • 無料期間中の解約OK
  • 無料期間中の解約で月額がかからない(0円でOK)

といった点を満たしており、安心して利用できます。

(もし継続しないなら、解約手続きをするのは忘れずに・・・)

「無料トライアル」と間違えやすい「初月無料」には注意
「解約は初月にできません。最低でも2か月利用する必要があります」といった条件がついていることもあります。

無料期間は、1か月と2週間にわかれる

中でも『U-NEXT』、『dTV』、『ディズニープラス』は31日間と業界ナンバーワン。

ほかテレビ局系以外の独立系サービスもほぼ1か月という長期間です。

無料お試し期間中の機能制限もありませんので、1か月もあれば自分の好みに合うか確認できますね。

ちなみに、テレビ局系の動画配信サービスは2020年に約1か月だった無料期間がおおむね「14日間」に短縮されています。

また、テレビ局系の動画サービスでは、放送中のドラマやバラエティなど最新番組が期間限定で無料開放されることもあります。

長期休暇や映画公開などのイベントのタイミングに無料となった実績がありますので、チェックしてみましょう。

\ 31日無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

U-NEXT無料お試しの2,3回目を登録する方法と解決策

ディズニープラスの無料お試しの2,3回目を登録する方法と解決策

②月額料金の最安はdアニメストア

各動画配信サービスの月額料金
dTV
550円
TELASA
618円
ABEMA
960円
Netflix
990円~
Paravi
1,017円
Hulu
1,026円
DAZN
1,604円
music.jp
1,958円
U-NEXT
2,189円
WOWOW
2,530円

月額制動画サービスの料金は500円~2,000円程度。

配信動画数やジャンルによってばらばらです。

ワンコイン以下の『dアニメストア』

中でも最安は『dアニメストア』の月額440円

配信動画のジャンルは名前の通りアニメに特化しており、アニメだけでじゅうぶんな人には魅力的なコストパフォーマンスです。

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライム会員月額500円。もちろんショッピングなどのAmazonプライムサービスが利用できます。

『dアニメストア』は『Amazonプライムビデオ』のチャンネルからも利用できます。『Amazonプライムビデオ』には個別チャンネルの契約形態も存在し、こちらで無料お試しをすることも可能ですので要チェックです。

amazonプライムビデオのチャンネル
▲Amazonプライムのチャンネルで個別利用OK

『ディズニープラス』は高コスパ

続いて注目したいのはディズニープラス』の月額770円。ディズニーやマーベルの映画が見放題。

他の動画サービスではレンタル/有料配信であることが多いディズニー作品も、『ディズニープラス』なら追加料金なしでOK。

映画だけでなく、短編アニメやキッズ向けの動画も豊富で家族みんなで楽しめるのが特徴です。

ディズニープラスのショートムービー
▲ディズニープラス限定の見放題動画

さらに、最近は「プレミアアクセス」といって、有料でネット公開限定や劇場公開とほぼ同時で映画が楽しめるようにもなっています。

ディズニープラスのネット配信映画
  • ムーラン(見放題へ)
  • ラーヤと龍の王国
  • クルエラ(2021年5月28日~)
  • ブラック・ウィドウ(2021年7月10日)
  • ジャングルクルーズ(2021年7月30日~)

テレビ局系最安はTELASA

テレビ局系でもっとも月額が安いのはTELASA』の618円

他のテレビ局系と異なりオリジナル作品が少ないことも要因にあるかもしれませんが、ドラマと連動したスピンオフ作品も充実してきています。

TSUTAYAはネットも宅配もOK

TSUTAYA TV/DISCAS』の月額は2,659円と割高に感じるかもしれませんが、ネット配信の「TSUTAYA TV」&宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」のセットプランの金額です。

ネット配信だけであれば月額は1,026円のプランもあるので、まずはセットプランをお試ししてからプランを決めるのがおすすめです。

\ 月額440円の高コスパ /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

U-NEXTの月額料金は高い?他社比較で徹底検証

③ポイントが魅力的なのはU-NEXT

毎月のポイント
music.jp
5,458円分※
U-NEXT
1,200円分
Paravi
550円分
TELASA
550円分
dTV
なし
ABEMA
なし
Hulu
なし
Netflix
対象外
DAZN
対象外
WOWOW
対象外

『dアニメストア』、『Netflix』、『WOWOW』、『DAZN』は追加課金コンテンツがない見放題のサービスのため、ポイント付与なし。

動画や電子書籍のレンタルや購入に対応しているサービスでは、毎月付与されるポイントがあることも。

music.jpのポイントは圧倒的

中でも、動画・音楽・電子コミックに対応しているmusic.jpの付与ポイントには注目です。

通常は月額と同等のポイントの1,958円分ですが、こちらのリンクからは3,500円分プラスになり合計5,458円分になります。

FODとU-NEXTは電子コミックもOK

テレビ局系で唯一電子コミックに対応しているFODプレミアム』は1,300円分、動画サービス最新シェア3位U-NEXT』は1,200円分

『FODプレミアム』1,300円分は、自動付与は100円分のみで、残りの1,200円分は「8がつく日に400pt」のバナーをタップする必要があります。

いずれも動画作品にも電子コミックにも使用可能で、『U-NEXT』は音楽ライブや演劇のライブ配信チケットにポイントを充当できます。

タイトルでU-NEXTをおすすめに挙げているのは、後述するポイントの還元率が高くて継続利用に向いている点を評価しています。

とにかく、たくさんの最新作が見たいという人はmusic.jpもおすすめですが、まだ利用したことがなければ両方お試ししてみるのもありですね。

\ 31日無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

U-NEXT無料期間ポイントを600円分じゃなく1,000円分もらうウラワザ

PART2:配信動画ジャンルで選んだおすすめの動画配信サービス

▲ジャンル別におすすめの動画配信サービスは?

「見たい動画があるか」は動画配信サービスを選ぶときの重要なポイントです。

第一優先の動画のほかにどんな動画があるのか、得意なジャンルは何なのかを知っておくことで、かしこくサービスを選択できるでしょう。

④放送中ドラマの見逃し配信ならHulu・Paravi・FODプレミアム

テレビ局動画サービス
NHKU-NEXTAmazonプライムビデオ
日本テレビHulu
TBSParavi
フジテレビFODプレミアム
テレビ朝日ABEMATELASA
テレビ東京Paravi
カンテレFODプレミアム
▲テレビ局別の配信サイト一覧

最新ドラマや人気のバラエティなどのテレビ番組を見るなら、テレビ局系動画サービス。

基本的には、民法各局のテレビで放送した番組の見逃し配信に対応しており、『TVer』でも見逃し配信されることがほとんどですが、

  • 最新話だけ
  • 放送から1週間だけ
  • 広告あり
  • ダウンロード不可

と使い勝手に難があります。

民放系は広告なし&過去分も

月額制動画サービスであれば、

  • 第1話から全話&過去放送回も
  • 広告なし
  • ダウンロードOK

で快適に、時間をムダにせずに楽しめます。

NHKなら『U-NEXT』

なお、NHKのネット配信は『NHKオンデマンド』が対応していますが、『NHKオンデマンド』のオリジナルサイトのほか、『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』でも利用できます。

うち『U-NEXT』なら無料お試し&前述のポイントで追加料金なしで楽しめるので、オリジナルサイトよりもおすすめです。

例外は?

一方で、「ジブリ作品」や「ジャニーズ出演ドラマ」は権利の関係からか、動画サービスでは配信されていません。

そのときに役立つのが『TSUTAYA TV/DISCAS』で、宅配レンタルに対応しています。

TSUTAYA TV/DISCASのかしこい使い方
  • ジブリ作品
  • ジャニーズ出演テレビドラマ
  • 再放送されないテレビドラマ(不祥事など)

例外は?

ちなみに上記が基本パターンですが、中には

  • 上記以外『TSUTAYA TV』や『Amazonプライムビデオ』の独占配信
  • 見逃し配信に非対応

の番組もあるので、番組公式ホームページも併せてチェックしましょう。

・「ゆるキャン△(テレビ東京)」⇒Amazonプライムビデオ独占
・「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(テレビ東京)」⇒TSUTAYA TV独占
・「アメトーーク!(テレビ朝日)」⇒なし(TVerで最新話のみ)
・音楽番組 ⇒ なし

⑤アニメをたくさん見るならU-NEXT

アニメ作品の配信数
U-NEXT
4,800本
Hulu
720本
TELASA
440本
Netflix
420本
ABEMA
360本
dTV
260本
Paravi
200本
WOWOW
30本
music.jp
不明
DAZN
なし

●2021年6月時点、各動画サービス公式サイトの公表数値、およびアニメ一覧から当サイトで集計●作品数にはレンタル配信も含む

近年、毎クール50本以上の新作が並ぶレギュラー放送や、ラノベや漫画原作の映画化が人気のアニメジャンル。

動画サービスではこれまで『dアニメストア』が配信数ナンバーワンでしたが、最近の調査ではU-NEXT』が配信数ナンバーワンに。

この2つのサービスがアニメ配信のツートップです。

U-NEXTはアニメ配信数ナンバーワン
▲U-NEXTはアニメ配信数ナンバーワン

アニメの大衆化が後押し

『U-NEXT』では、アニメが一般化してきたことも後押しになり、「映画などのついでにアニメも」「電子コミックで読んだ漫画のアニメも」といったメディアミックスの傾向もあるようです。
(参考:U-NEXT「定額制動画サービスとして、U-NEXTのアニメ作品数がNo.1に。アニメ視聴者数は過去3年間で約5倍に伸長」

従来はアニメを見ようと思うと録画したり、DVDをレンタルする必要があり、周りの目を気にして控えていた人が、ネット配信でスマホで手軽に作品に触れることができるようになったことも一因でしょう。

同時&先行配信が魅力

また、『U-NEXT』では放送中の最新アニメのスタートが2,3日遅れることがある一方、『dアニメストア』やアニメとタイアップした特別番組が得意な『ABEMA』では、テレビ放送前の先行配信や、地上波同時放送と同時配信されることも。

他にも、前述のテレビドラマ同様、『Amazonプライムビデオ』独占見放題作品や、『Netflix』独占配信作品もあるので、複数サイトをチェックしておくと安心です。

アニメはネット配信向き

ちなみにネット配信では、テレビ放送では難しい過激な描写などもある程度は配信可能で、これまで以上に幅広い作品がアニメーション化できる、といった特徴も。

\ 31日無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

⑥スポーツライブ配信ならDAZN

これまでスポーツ中継は地上波のほか、衛星放送の『スカパー』などが代表的でしたが、近年はネット配信が身近なものになりました。

ネット配信特有の、

  • マルチアングル配信
  • 試合データ同時視聴
  • 途中終了がなく放送時間に縛られない
  • 高品質の実況解説

といったメリットが、スポーツファンに響いているといえるでしょう。

さらに前述の『スカパー』や、『WOWOW』『Jスポーツ』などの昔からのサービスがオンライン配信にも対応するなど、ネット配信の動きは加速しています。

中でも『DAZN』は、野球やサッカーなどの人気スポーツを筆頭に、取り扱うスポーツジャンルは多岐にわたっています。

コアなスポーツファンには嬉しい分析系の番組はもちろん、バラエティ色が強い特別番組のラインナップも充実しており、テレビ朝日で放送していた「やべっちFC」の後継番組「やべっちスタジアム」も話題となっています。

DAZNのスポーツジャンル
DAZNの動画スポーツジャンル
▲DAZNはスポーツジャンルが豊富
  • サッカー
  • 野球
  • モータースポーツ
  • バスケットボール
  • テニス
  • ボクシング
  • 総合格闘技
  • 競馬
  • ラグビー
  • セーリング
  • スカッシュ
  • ダーツ

ほか、テニスは『WOWOW』、ラグビーは『Jスポーツ』、フィギュアスケートは『FODプレミアム』といったように、各スポーツとサービスの結びつきがあるのも特色です。

ネット配信で大丈夫?

気になるのがライブ配信の通信が不安定にならないか、という点ですが、通信不良で配信が見れないことも実際にありました

その際の対応の一例を挙げると、『DAZN』ではJリーグ生配信で障害が発生した際、Twitterライブなど他のサービスを使用してDAZN会員以外にも無料配信を行いリカバリーした実績も。

直近の『スカパー(オンライン)』では、サッカールヴァンカップで障害が発生した際、試合終了までに復旧せず、当月の月額を返金する対応をとりました。

安定的にネット配信されるのがベストですが、障害時の対応もチェックしておくと安心です。

\ 1か月無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

PART3:プラスαで選んだおすすめの動画配信サービス

プラスアルファおすすめの動画配信サービス
▲プラスアルファが嬉しいおすすめの動画配信サービスは?

動画配信サービスといっても、他にも楽しめるエンタメコンテンツも充実しています。

のちのち後悔しないよう、

  • 電子コミック
  • 雑誌読み放題
  • 子供向けコンテンツ

などの対応状況、条件も知っておきましょう。

⑦電子コミックも読みたいならU-NEXT

◎ 電子書籍対応
× 電子書籍非対応
  • Netflix
  • Hulu
  • Paravi
  • ABEMA
  • TELASA
  • DAZN
  • TSUTAYA TV/DISCAS

動画配信サービスの中には電子コミックや雑誌読み放題に対応しているサービスも。

U-NEXT』と『FODプレミアム』がおすすめです。

動画と併せて、原作漫画が電子コミックで楽しめます。

また、いずれも購入/レンタルなどの課金額に対するポイント還元率が、漫画アプリに比べて高く、メイン使いしてもいいレベルの優秀さです。

▲FODも電子コミックがお得

『U-NEXT』は1つのアプリでOK。『FODプレミアム』は動画用と電子書籍用で専用アプリが分かれています

電子コミックと動画のかしこい使い方
  • ドラマや映画の原作コミックス
  • アニメと一緒に漫画
  • 100誌以上の雑誌読み放題
ポイント還元率

\ 14日無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

⑧子供と一緒に見るならディズニープラス

▲ディズニー&マーベル見放題はここだけ!

各動画配信サービスは子供向けのコンテンツも充実。

ディズニープラスがイチ押し

中でも『ディズニープラス』は、ディズニー映画やマーベルなどの本格映画作品はもちろん、子供向けの動画が充実しています。

ディズニープラスオリジナル、つまり独占配信の「ショートアニメ」や「スピンオフアニメ」を数多くラインナップしており、『ディズニープラス』の人気ランキングでも上位に位置する動画もあります。。

繰り返しになりますが、「プレミアクセス」以外のディズニー&マーベル作品などがすべて見放題で、月額770円というランニングコストの安さは魅力です。

ディズニープラスのショートムービー
▲ディズニープラスはキッズ向けが充実

キッズ向け動画や24時間配信チャンネル

また、他の動画サービスを見渡すと、子供向けの見逃し動画のほか、24時間の配信チャンネルがあるサービスも。

『Hulu』では「ニコロデオン」、「Baby TV」の2チャンネルのライブTVを常時配信中。

Huluのキッズ子供向け動画チャンネル
▲子供向け24時間ライブ動画チャンネル

『U-NEXT』では、21万本以上の動画の中からキッズ向けの動画が一覧で確認できて便利です。

「アンパンマンチャンネル」、「いないないばぁっ!」などもラインナップしています。

U-NEXTのキッズ向け動画
▲U-NEXTはキッズ向けジャンルも充実

\ 1か月無料トライアル /

▲ 無料期間中の解約でお金がかかりません ▲

Paraviを無料で見る方法とサービス解説

各動画配信サービスの基本情報

これまで紹介してきた各サービスの基本情報を以下にまとめました。

スクロールできます
動画配信
サービス
月額無料
期間
無料期間
ポイント
毎月
ポイント
動画
見放題
雑誌
読み放題
マンガ
電子書籍

Amazonプライム
500*30日×××

Netflix
880-
990-*
×××××

U-NEXT
2,18931日600円分
(1,000円分*)
1,200円分

music.jp
1,95830日1,600円分5,458円分*××

Hulu
1,02614日××××

Paravi
1,01714日×550円分××

FODプレミアム
97614日900円分*1,300円分*

TELASA
61815日×550円分××

ABEMA
96014日××××

Disney+
77031日××××

dTV
55031日××××

dアニメ
44031日××××

TSUTAYA
1,026-30日××××

WOWOW
2,530初月*××××

DAZN
1,6041か月××××
動画配信サービスの月額/無料期間等の特徴一覧
タップできる目次
閉じる